税理士はどんな仕事か

微笑む中年男性

弁護士、司法書士ときたら、次は税理士です。税理士は税金、それから会計に関するプロフェッショナルで、司法書士と同じく気軽に相談できる存在となっています。税法はとても難しい法律で、しかも改正がとても多く、税務に関することを個人で行おうとするとまず無理があります。そういうときに、税理士が役に立つのです。業務内容は、確定申告や青色申告など各種税務に関する申告・書類作成の代理、税務訴訟における補佐人、税務調査に際しての立ち会い、財務書類作成等の会計業務、中小企業の会計参与、などなど。特に、申告内容になんらかの疑いがあった場合に税務署が行う税務調査には、税理士が立ち会ってくれるのとくれないのとでは状況がかなり変わってきます。素人がひとりで対応すると専門家であるあちらにいいように流されてしまうので、税理士の立ち会いをお願いするのが確実でしょう。その他、税金に関することはなんでも相談できますので、なんでも相談できる税理士を近くに見つけておくといいでしょう。大切なのは、「事前の」相談です。税理士に相談したけれど、その方法がわからないという人も多いでしょう。税理士の探し方としては、ネットで調べるという方法もありますし、直接税理士事務所にいってみるという方法も考えられます。自分が利用しやすい方法で探すことが可能です。