弁護士について

本と木槌

過払い金返還請求について説明する前に、そのお手伝いをしてくれる職業を紹介していきます。弁護士は、テレビドラマなどでもよく登場することからそれなりに有名な職業だと思いますが、その実際の業務内容を概観してみましょう。弁護士の業務は大きく分けて三つに分けられます。刑事、企業法務、そして一般民事です。刑事とはいわゆる「裁判に出て被告人を弁護する」というやつで、最も有名な業務でしょうか。刑事事件における被告人の代理となり、主張・弁護を行い、また公判以外でも不起訴のための活動や示談交渉の仲介なども弁護士の仕事です。企業法務とは、依頼主が法人・会社の場合の法律問題を扱う仕事です。企業法務には商事事件、労働事件、渉外事件、企業統治、ファイナンシャル、M&A、税務などの種類があります。一般民事とは、民事上の法律問題を扱い、主として依頼主が私人の場合の仕事で、相手が企業の場合も一般民事となります。民事事件や消費者事件、労働事件などを扱いますが、これに過払い金返還請求が含まれています。弁護士に依頼をする際は、まずはカウンセリングなどを無料で行なってくれる法律事務所を選ぶようにしましょう。弁護士も人間ですので、依頼人との相性が大切になってきます。この人であれば安心して任せられるというような弁護士が見つかるまで決して妥協しないことが重要です。